忍者ブログ
モーニング娘。『亀井絵里』ちゃんを応援するサイトです。みんなで一緒に応援しましょう♪(^O^)/  by ピンチランナー7(ブログ管理人)
プロフィール
HN:
亀井絵里
年齢:
28
性別:
女性
誕生日:
1988/12/23
所属:
モーニング娘。
趣味:
最近は本を読むことが好きです!!
自己紹介:
 亀井絵里ちゃんのメッセージ紹介☆
 亀井絵里ちゃんの動画☆




☆ 祝 ☆

オリコン週間チャート

1位獲得!!


しょうがない 夢追い人

(モーニング娘。39thシングル)

5/13(水)発売






片思いの終わりに

(亀井絵里)






春 ビューティフル エブリデイ

(亀井・光井)

最新コメント
[08/26 test]
[12/01 ピンチランナー7]
[12/01 ピンチランナー7]
[12/01 ピンチランナー7]
[10/11 ピンチランナー7]
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
☆☆☆最新情報☆☆☆


5月19日(火)

●モーニング娘。
ニューシングルで
2年半ぶり1位獲得


●「しょうがない 夢追い人」
オリコン週間チャート一位
を獲得/高橋愛コメント


●モーニング娘。が2年半
ぶりにオリコン1位を獲得。


●モーニング娘。が
2年半ぶりに首位獲得
8期メンバーで初



5月18日(月)

●「BARKS」モーニング娘。「しょうがない 夢追い人」PV配信/コメント動画

●「hotexpress」高橋愛・亀井絵里・ジュンジュン インタビュー


5月17日(日)

●「モー娘。」光井が左足手術へ

●舞台「おじぎでシェイプアップ!」ブログ(亀井絵里/道重さゆみ)更新


5月16日(土)

●モーニング娘。光井愛佳、剥離した軟骨除去手術へ

●Dohhh UP! 舞台「ミコトマネキン」千秋楽


5月15日(金)

●モーニング娘。「しょうがない 夢追い人」再びオリコンデイリーチャート1位!!

●「ハロプロ☆ミーティング」出演者に関するお知らせ

●モーニング娘。光井愛佳、軟骨剥離のためイベント欠席

●モーニング娘。光井愛佳、剥離軟骨の除去手術へ

●真野恵里菜、始球式でナイスピッチング

●モーニング娘。光井愛佳、剥離軟骨の除去手術へ


5月14日(木)

●モーニング娘。「しょうがない 夢追い人」オリコンデイリーチャート1位獲得!!

●モーニング娘。2年半ぶり首位獲得なるか

●真野恵里菜、始球式で力いっぱい投球!

●舞台「おじぎでシェイプアップ!」公式ブログ(高橋愛・道重さゆみ)更新

●Dohhh UP! 能登有沙出演「第54回 のもぴ~プラスティックラジオ」

●「2009 ハロー!プロジェクト新人公演6月~中野STEP!~」セットリスト更新

●モーニング娘。「3,2,1BREAKIN’OUT!」OPVコンテストをmyspaceで開催

●モーニング娘。のプロモーションビデオを作ってくれる人、募集!

●モーニング娘。音楽ビデオを一般人から募集

●モーニング娘。のPV作って39万円ゲット&アニメEXPO進出


5月13日(水)

●モーニング娘。「しょうがない 夢追い人」(初回A/B/通常)本日発売

●おはスタブログに久住小春

●おはガールブログに久住小春

●高橋愛DVD「I.」6/17に発売日変更


5月6日(水)

●HAPPY!STYLE 1周年ライブ


5月5日(火)

●テーマは“LOVE”「HAPPY! STYLE Communication Circuit 005」レポ


5月4日(月)

●Dohhh UP!「FIVE STARS」新垣里沙&亀井絵里 THE MOVIE #1

●Dohhh UP!「FIVE STARS」新垣里沙&亀井絵里 THE MOVIE #2


バーコード
ブログ内検索
カウンター
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はどの日記を書こうか迷ったけど、最近めちゃ推してるこの娘を紹介るんるん


5/9と5/22にライブがあったので応援に行ってきましたexclamation ×2

  5/ 9 GIRLs-TechnoPop stadium(渋谷・asiaP)
  5/22 GIRLs-TechnoPop stadium vol.2(恵比寿・LIQUIDROOM)


ニヤニヤ揺れるハート
行く前から、楽しさがあふれてニヤける自分ほっとした顔ハート達(複数ハート)
唯ちゃんと夏織ちゃんに会えますからね~るんるん

457.jpg























455.jpg


















ライブもそうですが、ハピスタの感想やメンバーへメッセージも伝えたかったので
無理して参戦を決めていましたexclamation ×2

9日は娘コン(昼)がありましたが、元々チケ持ってなかったので決定るんるん
22日は会社でしたが、有給休暇を取って参戦ウッシッシ手(チョキ)
必死すぎる・・・あせあせ(飛び散る汗)

でも行った甲斐はありましたねるんるん
9日は客入りが思ったよりも少なく、50人くらいだったでしょうかexclamation & questionげっそり
少なすぎる・・・・・泣き顔泣き顔泣き顔

ライブレポは後ほどで、ハピスタメンバーは結構曲を歌ってくれましたねるんるんカラオケ
後から考えれば、夜も参戦すれば良かったと思うくらい楽しかったですわーい(嬉しい顔)手(パー)


 1 宇宙で恋は☆るるんルーン(全員)
  MC1(自己紹介・全員)
 2 ドッキドキ!LOVEメール(小倉唯)
 3 空色デイズ(松永真穂)
 4 私の彼はパイロット(小倉唯)
 5 プレパレード(枝川みるる、松永真穂)
  MC2(枝川みるる、松永真穂、市川利奈)
 6 あんなに一緒だったのに(市川利奈)
 7 通学ベクトル(石原夏織)
 8 God knows...(枝川みるる)
 9 Buono!メドレー(小倉唯、石原夏織、松永真穂)
  MC3(全員)


ソロ曲にBuono!メドレーとか神過ぎますげっそり
最初から最後まで楽しめましたるんるん
で、その後は恒例の握手会わーい(嬉しい顔)手(パー)

今回は会場がいつもより小さめでしたので、スペースもあまりなく、
ハピスタメンは受付カウンター(3人用)みたいな所に5人押し込められるとかげっそり





書いてて長くなったので続きは後ほど。。。ウッシッシ手(チョキ)

458.jpg

























PR
何か書きたい情報がいっぱいありすぎて、のびのびになっておりましたあせあせ


セットリストを拝見するだけでも、何曲か好きな曲が入ってますわーい(嬉しい顔)手(パー)
予習しながら推しでもチョイスしちゃおうかなるんるん
今週はとある現場に行って、体慣らしをしてきます☆あせあせ手(チョキ)


のっちを見るのも久しぶりでしゅw揺れるハート目がハート 

  从*´ ο`リノ < ゆうかりんの耳たぶ~ハート達(複数ハート) 川*´ c`)ヒエー!


4f3b7f5a.jpeg














ba1a67e5.jpeg














1 そうだ!We’re ALIVE 全員
2 甘い誘惑 全員



MC(1)
3 初めてのハッピーバースディ 前田(ゆ)、古峰、金子
4 シャニムニ パラダイス 能登、和田、福田、前田(い)
5 愛スイートルーム 仙石、北原、関根
6 わっきゃない(Z) 森、岡井、小川、譜久村、新井
MC(2)



7 おまかせ♪ガーディアン 前田(ゆ)、福田、和田、佐保
8 BABY! 恋にKNOCK OUT! 能登、古川、西念
9 GET UP!ラッパー 仙石、北原、森、前田(い)、古峰
10 恋愛戦隊シツレンジャー 関根、金子、新井、福田
11 未知なる未来へ 能登、仙石、古川、西念、森、北原、古峰、佐保、岡井、関根、譜久村、前田(い)、金子、新井、佐藤
MC(3)
12 ぁまのじゃく S/mileage(和田、前田(ゆ)、福田、小川)
13 遠慮はなしよ! comming soon...
MC(4)
14 友情 純情 oh 青春 comming soon...
15 Go Girl~恋のヴィクトリー~ comming soon...
16 ****** comming soon...
MC(5)
17 I know  comming soon..
この曲と言ったらモーニング娘。(PAGE3)
http://www.hotexpress.co.jp/interview/morning_090513/morning_article03.html#official




--歌でもプロモーションビデオの表情でも、複雑な気持ちをどう表現するか?っていうのがテーマとしてあるように感じたんですが。

morning_090513_top1_r1_c1.jpg











高橋愛:そうですね。レコーディングのときから「どう歌おう?」みたいなところがあって。あんまり張って歌っても変だし。自分の嘆き、でも音は静かだから心の叫びとしてそれを表現するようにしたりとか。ちょっと「しょうがない 夢追い人♪」ってところが昭和を漂わせるような感じなんですけど(笑)。あと、この歌詞の男性が許せるとか許せないとかそれぞれにあったと思うんですよ。

morning_090513_takahashi_m.jpg
















--では、そこを掘り下げますが、いつまで経っても夢ばかり追い続けているような男性は好きですか?それとももうちょっと現実を見てほしいとか思う?


亀井絵里:えぇ~!?う~ん……でも、私は性格的に何事にもずるずるタイプなんですよ。結構何でも引きずっちゃうタイプだったりして。なので、多分ずるずる一緒にいると思いますね。惚れた弱みで、好きになっちゃったから許しちゃうと思うんですよね。まぁアイロン掛けてあげるかどうかは分かんないですけど。

morning_090513_kamei_m.jpg
















--「洋服にアイロンしてる手に 涙が落ちていく」っていうね。


亀井絵里:それをやるかどうかは分かんないんですけど(笑)許すタイプかなぁ。まぁ確実に愛ちゃんとは真逆ですね!


高橋愛:そうかなぁ!? でもこの曲の設定を想像すると、相手はバンドマンか劇団員だと思うんですよ。安定しない職業。なんか細かいんですけど(笑)そういう感じなのかなぁって。で、本当は彼に落ち着いてもらうために「夢は追い掛けないで」って言いたいんだけど、みたいな。でも私は夢を追っていてもらいたいんですよ。だから止めないと思います。だって夢を追ってる姿が輝いてたから、惚れたんだと思うし。だったらそのままで居てほしいんじゃないですかね。夢を諦めたらその人自体も変わっちゃうかもしれないし。

img223.jpg












--ジュンジュンさんは?


ジュンジュン:夢は見たほうが良いと思います。夢を持ってる人は努力しているし。でもずっとそこだけ、夢、夢、夢、夢、夢しか考えないみたいな人だと「私も隣にいるよ」って思う。相手のために私も努力すると思うんですよ。それなのに全然こっちを見てくれなかったら、悔しいなと思う。

morning_090513_junjun_m.jpg












高橋愛:夢を追って良いけど、こっちも見てね。っていう。




--バランスね。


高橋愛:バランス、大事だね。


亀井絵里:バランスだわ。




--随分具体的な、今日一番熱く語ってたんじゃーねぇか?的なお題となりましたが。


一同:(爆笑)


亀井絵里:そういう感じです。




--あと、今作のカップリングには『3、2、1 BREAKIN'OUT!』というファンキーなナンバーが収録されています。こちらの仕上がりにはどんな印象や感想を?


高橋愛:これは、正にモーニング娘。って感じですね。すごくノリも良くて『しょうがない 夢追い人』とは真逆の印象です。ラップ調なところもあって面白かった。


亀井絵里:モーニング娘。が世界について歌ってる感じがまた面白いなって。最近は切ない曲が多かったので、久々にこういうノリの曲が歌えて楽しい。

img224.jpg




















--この曲はLos Angeles Convention Centerで行われる「アニメエキスポ2009」のオフィシャルテーマソングになっていて。このイベントに出演することも決まってる訳ですが、どんなステージにしたいですか?


高橋愛:いやぁもう頑張りますよ!チャンスなので。気合い入ってます。




--挨拶は英語で?


高橋愛:多分、英語ですね。……頑張ります。


亀井絵里:頑張ってくださいよ!




--自分もでしょ(笑)!?


高橋愛:本当だよ!




--出ないの?


亀井絵里:出ますよ!ただ、全く想像付かない。でも『3、2、1 BREAKIN'OUT!』がテーマソングになったので、アメリカでは「この曲と言ったらモーニング娘。」っていうぐらい印象付けたい。みんなが口ずさんじゃうぐらい。


ジュンジュン:私もちょっと信じられないんですよ。嬉しすぎると「本当?」ってなっちゃうじゃないですか。しかも『3、2、1 BREAKIN'OUT!』を初めて聴いたとき、絶対外国人にハマりそうって思ったんですよ。だから絶対に良いステージになると思う。あとアメリカの食べ物は量が多いので、絶対太っちゃうと思うんです。だからアメリカに行く前にもっとスリムになっておこうかなって。


一同:(爆笑)

cap101.jpg













--そんなアメリカ初ライブもあって、確実に変化していってるモーニング娘。。今年はこの先どんな風になっていくんですかね?


高橋愛:新しくなりたいなとは思います。だから、新メンバー…


ジュンジュン:出た!


亀井絵里:なんか知ってるんですか?


高橋愛:知らない。ただ、モーニング娘。の歴史上今のメンバーが一番長いんですよ。2年ぐらいかな。そろそろ何かあるんじゃないかと。




--では、最後になるんですが、読者の皆さんにメッセージをそれぞれお願いします。


ジュンジュン:ニューシングル『しょうがない 夢追い人』は、本当に成長した、今まで以上に大人の女性になったモーニング娘。を感じてもらえると思います。可愛らしさや元気さは大事にしながらも、大人の女性の気持ちを歌っているので、とりあえず聴いてみてください!


高橋愛:3月31日に先輩たちが卒業されて、これから私たちモーニング娘。が先頭を切って走っていかないといけないので、気合い入ってます。これからコンサートもどんどんやっていきますので、まぁ初めての方はモーニング娘。のコンサートに来るのに勇気がいると思うんですけど、ちょっと一回来てみない?みたいな(笑)。今回新曲も大人っぽい感じになってるので、ぜひ試しに一度聴いてもらえたらと思います。


亀井絵里:今のモーニング娘。は本当にひとりひとりが個性的なんですよ。そのひとりひとりを知ってほしいと思うので、ラジオやってたりとか、雑誌に出てたりとか、テレビに出てたりとか、結構個々にも活動してたりするので、愛ちゃんが言ったように「ちょっと一回コンサートに来てみて」じゃないけど、時間があったらラジオとかもチェックしてみてほしい。それでちょっとモーニング娘。を近い存在に感じてもらえたら、嬉しいです。
 
img221.jpg












ファンや家族が笑顔になってくれる(PAGE2)
http://www.hotexpress.co.jp/interview/morning_090513/morning_article02.html#official




--その流れで聞きたいんですが、高橋愛が描く理想のモーニング娘。像みたいなものってあったりしますか?


高橋愛:2008年は上海とか台湾とか韓国でコンサートをさせてもらったんですよ。アジアツアーは目標でもあって、それが達成できたので「今度はワールドに行きたいです」みたいなことを言ってたら、今年はL.A.が決まったんです。歌って国境を超えたりとかするじゃないですか。言葉が分からなくても何かが伝わったりとか、なぜか涙が出てきたりとか。で、私はそういう歌をうたいたなぁと思っていて。それとダンスやパフォーマンスもエンタテイナーとしてずっとやってきてる訳だから、それをフルに使って国境を超えて私たちの存在を知ってもらいたい。私たちが洋楽を聴くように、海外の人たちにも普通に聴いてもらえるような存在になりたい。かなり頑張んないとダメですけど、目指すはそこですね。

img221.jpg














--グローバルな目標があるんですね。亀井さんはどうですか?


亀井絵里:目先の目標なんですけど、モーニング娘。って「可愛くって、アイドルで、ちょっとブリブリしてて」みたいなイメージを大半の人が持ってると思うんです。でも最近のモーニング娘。は楽曲もダンスパフォーマンスもメイクも格好良くなっていて。コンサートを観てもらうとよく分かると思うんですけど、回数を追う毎にダンスのレベルもワンランクずつどんどん上がっているから、ジュンジュンとかもデビュー当時より全然成長してるんですよ。だから私は「今のモーニング娘。はこんなに格好良いんだよ」ってことを、可愛いだけじゃないってことを知ってほしいなと思います。



しょうがない 夢追い人





--確かに今のモーニング娘。のコンサートからは、そこのイメージを乗り越えてやろうっていう意志をヒシヒシ感じます。


高橋愛:やっぱり自分たちが入った当初の楽曲とは違うことを次々とチャレンジしてるし、歌もダンスも。そこはすごく知ってもらいたい。モーニング娘。の代表曲と言えば『LOVEマシーン』だし、モーニング娘。と言えばあの曲の明るくワイワイしてて、元気に弾けてるイメージ。そこは大事だと思うし、残しているんですけど「こんなこともできます」っていう、絵里が今言ったような部分を見てもらいたい。先日、メンバーに私も含めて4人ぐらい地元の娘がいる場所でコンサートをやらせてもらったんですけど、そのとき6年ぶりぐらいに友達を呼んだんですよ。そしたら「格好良いんだね」みたいなことを言ってくれたんですね。それがすごく嬉しかったので、もっとたくさんの人にそう思ってもらえるように頑張っていきたいなって。




--僕は今のモーニング娘。のコンサートを観たのって、昨年5月のモー娘。の36枚のシングルを全部歌う【モーニング娘。コンサートツアー2008春~シングル大全集!!~】だったんですけど、すげぇ感動したんですよ。それは、モーニング娘。が何があろうとみんなをハッピーにすることだけを目的に走り続けてきたグループに感じたからなんです。


高橋愛:ありがとうございます。




--ただ、仕事でもプライベートでも嫌なことはやっぱりあるじゃないですか。それでも笑顔を絶やさずに100%のパフォーマンスを目指さなくちゃいけない難しさってあると思うんですよね。


ジュンジュン:ありますよ。やっぱりコンサートのリハーサルとかで結構怒られるので(笑)。でもリハーサルでしっかりしたモノができないと、本番も楽しめないし、皆さんを楽しくすることもできないから。


高橋愛:そこで救われてる部分も多いんですよ。「笑顔で出なきゃいけない」って意識して頑張らなきゃいけないときもあるけど、お客さんの笑顔を見たら自然とスイッチが切り替わって、こっちも心から笑ってたり。嫌なことも忘れさせてくれる。




--良い話ですね。では、モーニング娘。が人をハッピーにしようとし続ける理由って何だと思います?


高橋愛:曲もこんなに出させてもらって、今回は39枚目のシングルになるんですけど「ここまで出せるなんて!」って自分たちでも驚くぐらいなんです。グループ自体も今年で12年目だし、つんく♂さんも曲作ってくれるし、CDも出させてもらってるし、コンサートもやらせてもらってるし……。上手く言えないんですけど、必要とされてるから頑張れる。求められる限りは歌いたいんですよね。


亀井絵里:世の中には好きなことをしたくても、できない人、デビューしたくてもできない人がたくさんいて。私は運良くオーディションに受かったけど、そこには受からなかった人もいた訳で。そういうのを背負って私はモーニング娘。になったと思うので、それを考えたら頑張れる。あとは何より自分の大好きな歌とダンスをこんなに大勢の人に見てもらえる、そんな最高の場を与えられてるってことは本当に幸せなことだと思うので。それでファンや家族が笑顔になってくれるっていうのは、もっともっと幸せなことで。そういう時間を大事にしたいと思うから、ですね。なんか、若干恥ずかしいです。




--(笑)。


高橋愛:でもそうだよね。


亀井絵里:好きなことなんで。それにお金を出して観てくれる人がいるって凄いことだなって思うので。


ジュンジュン:よく考えると、ファンの人の多くは毎週月曜~金曜はずっと働いてるじゃないですか。そこで絶対大変なこともあると思うんですけど、でも土日は絶対コンサートに来てくれたり、そのときは絶対に仕事のときの辛い顔は見せずに笑ってくれてるんですよね。そう考えると、自分ももっと頑張らなきゃって思う。

img220.jpg














--そんな何があっても夢を追い続けるモーニング娘。がですね、その生き様に相応しいタイトルのシングルをリリースします。その名も『しょうがない 夢追い人』。仕上がりにはどんな印象や感想を持たれていますか?


高橋愛:今回は年齢設定が高いなって。つんく♂さんのコメントでは、私ぐらいの年齢設定って言ってたんですけど、だからみんなにとっては少し背伸びしてる感じだと思うんですよ。恋人が近くにいる設定の歌なので。だからジュンジュンとリンリンは歌詞の意味を理解するのが難しかったらしくて、車の中でどういう意味なのか教えてあげたりして。なので共感をしながら歌うっていうよりは演じてる感じというか、浸る感じ。


亀井絵里:そういう意味では世界に入りやすい歌ですよね。具体的に想像しやすい。

img222.jpg

























今の私たちを知ってもらいたい(PAGE1)
http://www.hotexpress.co.jp/interview/morning_090513/



モーニング娘。、変革の途中。

3月31日、Hello! Projectのエルダークラブとされるメンバー(安倍なつみ、矢口真里、松浦亜弥など)がすべて卒業。新たなアーティストとしてのスタートを切った。それは今後のハロプロの中核を担う、高橋愛をリーダーとするモーニング娘。にも言えることで、彼女たちは今この瞬間も次なる理想郷に向けて、グループの変革に勤しんでいる。高橋愛、亀井絵里、ジュンジュンの3人が語ってくれた。



--今日は新曲『しょうがない 夢追い人』についてはもちろんなんですが、その前にですね、今年2月に行われたハロプロライブのエルダークラブ卒業記念スペシャルについて話を伺いたいんですが、あの日は今のモーニング娘。の皆さんにとってどんな1日になりましたか?


高橋愛:卒業式みたいな感じではあったんですけど、先輩たちが卒業していく実感が湧かなくて。送辞を読んでいるときはさすがに「もう一緒に歌う機会がないのかな~…」って寂しくなりました。でもこれでもう会えなくなるっていう訳ではなかったので。今でも不思議な感じですね。

morning_090513_takahashi_m.jpg




















亀井絵里:「ポケットモーニング。」っていう携帯サイトを開くと、今でも普通に卒業した先輩たちの顔があったりするから、同じハロプロメンバーの気がしちゃって。でもよく考えてみると、モーニング娘。とBerryz工房と℃-uteと真野(恵里菜)ちゃんとハロプロエッグしか居ないんですよね。

morning_090513_kamei_m.jpg




















高橋愛:多分これからまたHello! Projectのコンサートとかも始まってくると思うんで、そこで実感するかもしれないですね。でも(ハロプロのリーダーだった)中澤(裕子)さんから新たにバトンタッチされたという部分で「しっかりしなきゃな」っていう想いはあります。



--エルダークラブが抜けた今のハロプロの最年長って誰になるの?


高橋愛:私です。でもエルダークラブとワンダフルハーツで分かれてコンサートをしたときから、私はワンダフルハーツの最年長だったんですよ。なので、そこの部分はあんまり気にしてないです。(亀井を見て)1コしか違わないしね。年齢がグッと縮まったんですよ。Berryz工房と℃-uteもモーニング娘。の5期メンバーとそんなに芸歴は変わらないですし。



--ちなみに3人がモーニング娘。に入る前に憧れていたハロプロメンバー、もしくはハロプロの一員になってから尊敬するようになったメンバーなどいたら、教えてもらいたいんですけど。


高橋愛:後藤(真希)さんには感動しましたね。私が入ってからすぐ卒業されたんですよ。私たち5期メンバーにとって初めての卒業生だったので。だからあんまり関わってなかったんですけど、その短い時間の中でもいろんなことを学んだし。自分だってすごく格好良いのに「私はやぐっちゃん(矢口真里)を見て成長したから、やぐっちゃんとか見ておいた方が良いよ」って言って、決して自分のことは言わないんですよね。そういうところに感動して。

あと吉澤(ひとみ)さんですね。吉澤さんはリーダーになってますます尊敬しました。その前は一匹狼的な存在で、結構自由奔放で「吉澤さんどこ行ったんだろう?」みたいな人だったんですよ(笑)。でも突然リーダーになることになって、すごく悩んだと思うんですけど、しっかりと私達をまとめてくれて。私がリーダーになったときも状況が似てたんですけど、そういうのもあって「私も吉澤さんみたいなリーダーになりたい」ってすごく思います。


亀井絵里:私はモーニング娘。に入る前からやぐっちゃんのことが気になっていて「この人はこんなに小っちゃいのに、なんでこんなに目が行くんだろう?」とか「なんでこんなにテレビの中で元気なんだろう?すごいなぁ」って思って、すごく好きになって。あとちょっとギャルっぽかったじゃないですか。自分もギャルになりたい時期があったので(笑)すごくメイクとかヘアスタイルとか可愛いなって、すごく憧れてたんです。で、実際にモーニング娘。に入って会ってみたら、大切なことを教えてくれて。

私はデビュー当時すごく声が小さくていろんな人に怒られていたんですけど(笑)なんで声が大きくなきゃいけないのか理由が分からなかったんです。でもそんな自分が変わった瞬間っていうのがあって。さくら組のダンスレッスンの模様をビデオに収めるときに、最初にひとりずつ自己紹介をしたんですよ。でも私は「亀井絵里です」ってボソッと言ってしまったんです。そのときにやぐっちゃんが「ああいうのは、自分が亀井絵里です!っていうのをいろんな人に分かってもらうためにやってるんだから、ちゃんと声を張って自信を持ってやんないとダメだよ」って言ってくれて。そのときに「自分はまだ新人で知られてないんだし、ちゃんとしなきゃ」って思えたんです。


ジュンジュン:私はモーニング娘。に入る前は、後藤さんですね。後藤さんは中国で凄く有名なんです。モーニング娘。を知ったのも後藤さんを好きになってからで。あとは、モーニング娘。に入ってからフットサルをやったんですけど、藤本(美貴)さんと一緒だったんですよ。で、一番最初はちょっと怖かったんですけど(笑)一緒にストレッチやってるときに「日本は慣れました?」とか気を遣って私に話し掛けてくれたりして。良い先輩だなって思いました。あと中澤さんの表現力は凄いと思います。「さすが先輩だな」ってすごく尊敬してるんですけど……私はバナナが大好きなんですけど、中澤さんはバナナが大っ嫌いなんです!

morning_090513_junjun_m.jpg




















--(笑)。


ジュンジュン:だからバナナが好きって言えないんです。たまにバナナの話をするときは、絶対に中澤さんがいないときで。



--そんな尊敬するメンバーがハロプロを卒業した今、モーニング娘。を含む今後のハロプロをどんな存在にしたいですか?


高橋愛:モーニング娘。を作り上げてきた人たち、Hello! Projectを支えてきた人たちだから、私達はそこに甘えていた部分も絶対にあったと思うんです。なのでこれからは、先輩たちが作り上げてきてくれた部分を大事にしながらもそこに甘えず、不安になるのでもなく、今のモーニング娘。やHello! Projectを知ってもらえる良い機会だと思って頑張っていきたいですね。7月にはL.A.でのライブも控えてるし、もっといろんな人に今の私たちを知ってもらいたいと思います。
≪ Back   Next ≫

[2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12]

Copyright えり一番星 All Rights Reserved.
Powered by NinjaBlog / Material: Milky Way
忍者ブログ [PR]